東日本デザイン&
コンピュータ専門学校

卒業進級制作展2021
オンラインビューイング

最優秀賞

【最優秀賞】3DCG部門

itakura Demoreel

作者:itakura

講評:
オリジナルキャラクターは非常にモデリングの完成度が高く、こだわりを持って制作することが出来ている。また、キャラクターを動かすためのリグのシステムもよく研究をして、細かい動作にも対応できるものが出来ており、レベルの高いリグにも好感が持てる。そして、それを利用したキャラクターアニメーションは、秒数は短いものの最大限にキャラクターの魅力を引き出すことが出来ている。モデリングからリギング、アニメーションすべてにおいて高い技術力を感じることができ、最優秀賞に相応しい作品である。

【最優秀賞】ゲーム部門

Singularity

作者:makurokusul

講評:
前回までは会場展示用のPCを動作環境とした制作であったが、今回はオンラインビューイングが前提のためWebでの動作を考慮しての制作となった。ゲームとして組み立てる事が主であるため、多くの学生が画像等のビジュアルな素材はフリーなものを使用しているが、本作ではそれらも全て作者本人が自作している。シンプルにも見える背景やキャラクターだが、統一感もあり、また前述の通りの限られた環境で如何に負荷を軽くするか、その工夫の成果ともいえよう。ジャンルとしてはシューティングゲームだが、数多くある武器(攻撃方法)の組み合わせが各ステージの攻略難易度にも影響し、ステージ毎の最適な組み合わせを見つけるだけでなく、あえて難易度の高い組み合わせで挑戦するということもでき、やりこみ要素も含んでいる。当たり前に思えるが意外に重要な点として、例えばキャラクターの動き(特にボスキャラの登場時や撃破時)等にも細かいこだわりが見え、随所にプレイヤーを楽しませようとする工夫が凝らされている。後輩等、他の学生に対する手本にもなる秀作である。

【最優秀賞】システム開発部門

セキュリティーハウス

作者:192312

講評:
昨年度に続き、組み込み系の作品が最優秀賞を受賞した。多くの作品がWindowsアプリケーションやWebアプリケーションといったソフトウエア開発が中心のなか異彩を放つ存在といえる。二年間の授業の中で学んだ技術(複数のプログラミング言語、ネットワーク技術、Windows・Linux環境)とあわせ独自に学んだ回路設計や機械設計が高次元で融合された正に学生生活二年間の集大成といえる作品である。細かくみると、まだ見直すべき部分も数多くあるが限られた時間内での制作であったことを考えるとよくまとめられている。様々な困難にも積極的に立ち向かい、試行錯誤を繰り返して作り上げた姿勢も高く評価できる。これは本校卒業後、社会に出てからも必ず役に立つ貴重な経験になったはずである。今後の活躍に期待したい。

優秀賞

【優秀賞】

3DCG Animation DemoReel

作者:濵島優真

【優秀賞】

CrazyRace

作者:うましお

【優秀賞】

全文検索/トレンド可視化システム

作者:192319

佳作

【佳作】

Players In Publichouse

作者:上妻由奈(こうづまゆな)

【佳作】

ScoreRunner

作者:hdc202217

【佳作】

定期健診管理システム

作者:202330


進学を考えている皆様へ

「ゼロからプロへ!夢を叶えよう!」
本校は、ゲームアニメ、3DCG、イラスト、クラフト、グラフィック、情報、デザイン、コンピュータなどの分野を学ぶことができます。 未経験者の方でも2年間でプロの技術を身に付け、即戦力として仕事のできるように学びます。 学生の一人ひとりが夢を叶えるために全力でサポートします。 私たちと一緒に、『夢を叶えましょう!』
広報部 齊木
資料請求・オープンキャンパス・お問い合わせはこちら

企業の皆様へ

本校の学生紹介ページをご覧いただき誠にありがとうございます。 貴社にて採用計画がございましたら、下記ページよりお問い合わせいただければ幸いです。 また、特定の作品についてのお問い合わせにつきましても同ページから承ります。 よろしくお願い致します。
担当:就職部 小林
企業採用のご担当者へ

PAGE TOP